アンの麦わら帽子の日記

ハーブと手作り野菜のある生活

春を楽しみに♪ 柔らか色の石けんを試作

こんにちは。

アンの麦わら帽子です。

 

2月も半ばまでくると春を期待しちゃいますね。

早く暖かくならないかなぁ。

 

 

半年前に作りためたコールドプロセス石けんがそろそろ底をつきそうで、やっと重い腰をあげて作ることにしました。

 

コールドプロセス石けんは苛性ソーダを使うため、グリセリンソープのようにはいきません。

素手で触らないように手袋をして、容器も食事用とは別のものを使い、石けん液も取り扱いに気をつけながら作ります。

 

鹸化にも時間がかかるので、作ってから1ヶ月半は反応させて、もう大丈夫となってから使うことにしています。

 

今回作ってみたのは、暖かな色の石けん。

 

f:id:annehouse-17:20190209160213j:image

 

汚れを吸着してくれるピンククレイでピンクの濃淡、アースピグメントのマイカパールで白い色を入れました。

 

精油は

ローズ

ベルガモット

ゼラニウム

サンダルウッド

リツェアクペパを使いました。

 

お花系の香りで、精油の効能から見ても女性向きの石けんです。気持ちアップできますように。(^^)

 

f:id:annehouse-17:20190209160401j:image

 

色つけに使ったピンククレイ。

乾いていたときはきれいな薄いピンクでしたが、オイルで溶くと、濃い色になりました。

ちょっと心配。

 

まずは基本の石けん液を作り、精油を入れて混ぜます。

基本の石けん液を少量ずつ取り分けて、それぞれオイルで溶いたクレイを投入。

これで4色の石けん液ができました。

 


f:id:annehouse-17:20190209160413j:image

 

基本の石けん液を容器に流し入れ、色付けした残り3色の石けん液をささっと上から入れました。

 

マーブルを作るために、ガラス棒でさぁっと混ぜました。


f:id:annehouse-17:20190209160405j:image

 

くるんで発泡スチロールの箱に保温して鹸化を進めます。

2日経った状態がこちらです。


f:id:annehouse-17:20190209160409j:image

 

切り分けて、これから2ヶ月鹸化させます。

だんだん乾いて薄い色になってくるでしょう。

日が当たらないところで乾かします。

その間も部屋の中には香りがいっぱい!

 

 

f:id:annehouse-17:20190209161259j:image

 

使うのが楽しみです。(^^)